メンズ

DTPを目指すなら求人情報を集めよう!ソフトの知識も必要

デザイン業界で食べるには

PCを操作する男女

デザイン業の仕事内容

まず最初に、DTPとは書籍や雑誌などの印刷物を、パソコンを使って制作することを指します。そこには、カメラマンがとった写真やイラストレーターが作ったイラストなど、さまざまな業種の人のデータを担当して一つにまとめるという大きな役割があります。つまり、モノづくりが好きな人にお勧めできる仕事です。そして、そういった多くの人と、納期について話し合ったりすることも求められるので、それ相応のコミュニケーション能力も重要です。DTPという仕事は、決められた期限内に刊行物を仕上げなければいけないので、そういった仕事をきちんと成し遂げる達成感ややりがいはあります。毎回違った記事を担当するので、変化があって刺激のある業種だといえます。これら仕事の募集は、求人誌や求人サイトで探すことができます。

デザイン業界に必要な技術

ただ、DTPの求人のほとんどは即戦力を求める傾向にあります。DTPでは、イラストレーターやフォトショップなどのソフトウェアを操作する技術が必要です。未経験だと難しい分野ではあるものの、専門学校やスクールを卒業している場合は就職が有利になったりします。ただ、未経験でも最低限専用ソフトの操作ができなければいけません。DTPはとにかく実体験が重要なので、未経験で就職したら職場で実務経験を積むことに意識を向けることが大事です。もちろん、DTPの求人はDTPだけをするのではなく、雑務をこなしながらDTPをすることが求められます。スケジュールを立てたり、ほかの部署の人との連携を学んでそれをこなすことで、上司から認められるようになり、報酬が上がっていくことが実感できるはずです。