女の人

DTPを目指すなら求人情報を集めよう!ソフトの知識も必要

経験者は有利

オフィス

集中力が求められる仕事

DTPオペレーターは、DTPソフトを用いて雑誌や書籍やチラシ、パンフレットなどの出版物の印刷物をレイアウトする仕事です。クリエィティブな仕事として人気があります。活字を扱う仕事であるため、集中力が必要になります。仕事中は神経をすり減らしながら細かい作業を行うため、集中力が求められます。納期が主体となりますので、仕事の受注状況によっては残業や休日の仕事もあります。しかし自分のデザインした印刷物が世間に出ることがやりがいとなるため、不規則な仕事であっても続けることができるのです。求人はそこそこあります。しかし求められるのは経験者です。この業界の必要としている人材は即戦力になる人であり、一から研修をして育てる会社は少ないのです。

未経験者は資格取得

あくまでもDTPは技術職の一環です。そのため求人でも経験者が必須となっています。そして細かい作業が得意で処理能力が高い人や出版業界の経験を持っている人、デザインや編集やライティングの経験がある人が特に重宝されます。新聞や雑誌などの出版業界で経験を積み、DTPを専門職にしてDTPの会社の求人に応募する人が多いのが特徴です。出版社の経験があっても実際の編集作業などを行ったことがなければ、スキルとしては役に立たないと判断されてしまうため注意しなければなりません。未経験から応募するのであれば資格取得が有利です。求人でも未経験者募集している求人も数こそ少ないですがあります。ただし実務はなくともソフトなど実際に触っておくことは重要です。

結婚、出産後も働ける職種

男女

DTPのスキルを取得していれば、結婚、出産後も、そのスキルを活かして働くことができます。例えば、DTPインストラクターの仕事は実務経験者の生の体験を重要視しています。実際の仕事のイメージを掴むためにも、求人票だけでなく、教室のホームページなどを見てみると良いでしょう。

Read More..

デザイン業界で食べるには

PCを操作する男女

DTPの求人は、カメラマンの写真やイラストレーターのイラストなど、いろいろな人との連携が重要になってくる仕事です。就職するには専門の知識はもちろんのこと、実務経験が非常に重要になってきます。まずは、会社で経験をなるべく多く積むことが大事です。

Read More..

会社が人材を探している

会社

社外へ向けた印刷物などは、DTPオペレータの力を必要とされるので、たくさんの求人情報があります。DTPとして働きたいときには、派遣登録会社に登録すると、条件の良い求人情報を紹介してくれますし、安心して働くことができます。

Read More..